出産前の不眠、それは多くの妊婦が感じる症状です

出産前に急に眠れなくなる、眠れないなとゴロゴロしているうちに気づけば朝になってしまっている、このような不眠の症状は出産を目前に控えた妊婦さんに多くみられる症状の1つなんです。もちろん、胎動が激しくなってくる時期でもありますからそれが夜中気になって眠ることが出来ないという理由もありますが、ホルモン分泌が原因にもなっています。睡眠に関するホルモンが妊娠をきっかけにバランスが変わってしまい、妊娠初期は異様に眠く、出産前になると眠れなくなってしまうという傾向にあるんです。ホルモンのせいで眠れないということになれば解消する方法は無いように思うかもしれません。ただ、この不眠症とうまく付うためにどうするかという対処方法はあるんですよ。

まずは適度な運動をするという事があります。妊娠中、特に出産直前になると体が重くなってしまって動くことがきつくなってくるのですが、適度な運動は安産に繋がります。お散歩をするだけでも良いんですよ。昼間、お日様を浴びて運動することは快眠効果があるんです。夜眠れないのであればお昼寝するのも良いでしょう。1日のトータルで睡眠時間を確保できれば、体の疲れもだいぶ違ってきます。枕を変えてみる、抱き枕を活用するというのも効果的ですね。お腹が大きくなって思うような体制で寝られないというのも不眠の原因の1つになりますから、自分が楽な体制を見つけるために出来ることをする、というのも不眠解消法の1つになるんです。妊娠中の寝る体制としてシムズの姿勢というものがあります。一度実践してみても良いでしょう。

ホルモンバランスだけではなく、出産前になると大きいなお腹のせいで自由な体制で眠ることが出来なくなる、トイレの回数が増えて眠れないといった理由も出てきます。このような物理的な理由もあります。ですが、この不眠状態というのは赤ちゃんが生まれた後に夜中お世話をするための体慣らしである、という説もあるんですよ。赤ちゃんが生まれると夜中お腹がすいた、オムツが濡れた、抱っこしてほしい、いろいろな理由で何度も起きて泣くようになります。もちろんそれに対応するのはママの仕事になってきますが、今まで夜中ぐっすり眠ることが出来ていた状態からいきなり夜中眠ることが出来なくなると体がきつくなってしまいますよね。産前から夜中の睡眠を浅くしておくことで、赤ちゃんのお世話をスムーズにすることができるといったメリットもあるんです。

赤ちゃんが夜中ぐっすり眠ってくるようになるまで、長い人だと3年ぐらいかかる場合もあります。ずっと眠れない状態が続くなんて…と不安に感じるかもしれませんが、体というのは凄いものでママはちゃんと対応できるようになっているんですよ。でも疲れが貯まることは事実ですから、空いた時間は休むようにする、赤ちゃんが昼間寝てる間にママもちょっと横になるようにするといった休息はとても大切になるんです。ずっと根を詰めていてはツライだけですから、ママもところどころ息抜きをする時間を見つける事が自分にとっても、赤ちゃんにとっても良いことに繋がっていくんです。